Now Loading...

Concept
of Bionomics Chef Cutlery

Bionomics(バイオノミクス)シェフカトラリーは、刃物の世界的産地、当社實光とHenry Haneda(米国)との国際協力により生まれた料理人のための包丁製品ラインシリーズです。

Bionomics Chef Cutleryのデザイン要素は、羽田氏が提案した人間工学的なBionomics Designの原則に基づいています。
彼は1960年に人間工学研究を開始し、独自の人間的概念を彼のBionomics Designシステムに組み込みました。そして彼は様々なアプリケーションをカバーするBionomics製品を開発し、商品化しています。

私たちは、これらのユニークで最先端な人間工学に基づいたキッチンナイフを皆様に提供し、最高のナイフから最高の効果を引き出すことが出来ると確信しております。私たちはナイフのデザインの未来を作る担い手です。

Design
of Bionomics Chef Cutlery

バイオノミクス包丁は他のエルゴノミクスデザインと言われるカトラリーと刃グリップの形状が異なっています。

当製品は、切断、切り刻み、スライスの調理作業のストレスから体全体の負担を軽減するのに大変役立つ画期的なデザインです。 このカトラリーの他社製品との大きな違いは、背中に盛り上がった形状(特許取得済)のグリップにあります。当グリップはサポート効果を著しく向上させる卵型の特殊形状の膨らみが特徴となっています。

この特別にデザインされたパーミング式グリップは、手のひらに凹みをしっかりとサポートし、作業中に自然な状態で手首への負担が非常に少ない使いやすく安全なグリップ角度を維持します。

これにより筋肉のストレスや疲労を最小限に抑え、使用者の手と腕の最も良好な姿勢を維持可能とします。

一日中安定したグリップ効果を維持することが出来るので、このナイフは長年使用されても、通常起こりうる多くのけがの発生を低下させ、手首の負担を大変軽減することが出来ます。

Story
商品開発までのストリー

長時間厨房で包丁を握っているシェフが腱鞘炎などになり、長時間包丁が握れなくなった方の為に開発しました。
トップシェフと共同開発

アメリカでノースウエストのチャンピョンシェフにも輝いたヒギンズ氏ら多くのトップシェフと機能的な効果などの確認を行い、施策を重ねながら改良の必要な部分をさらに追及した結果誕生しました。

ヒギンズ氏もこの包丁を持つ前は少し料理をすると手首や腕の傷みで長時間の仕様が苦痛だった包丁作業も改善し、かなりの時間でさえ楽に行えるようになったと大変喜んでいたぢております。

トップデザイナーと開発

人間工学を研究して50年以上経験している研究者Henry Haneda氏と開発を行いました。

今までにない包丁を開発したいという想いでこのプロジェクトに取り組み、全く新しいフォルムで、過去の製品にはなかった理想的な包丁として開発することが出来ました。

デザイン賞を複数受賞

世界的にも有名な世界最古のデザイン賞も受賞!アメリカで2つデザイン賞を受賞しました。

この包丁は単にスタイリングやファッション性を追求したデザインではなく、機能的な最高のフォルムを理論的に追及して誕生したカタチです。

Spec
商品詳細

商品のシリーズ名は「ステルスダック」。ステルス戦闘機のようなシャープなシルエットとアヒル用のような見た目でステルスダックと致しました。

【材質】刃身:VG10,柄部:ステンレス
【種類】・スライサー210mm ・三徳170mm ・小三徳(ペティ)140mm
實光刃物(じっこうはもの)
カスタマーセンター
受付時間
9:00〜18:00
(土曜は16:00まで)
日・祝、および当社休業日
は除く
お問い合わせの際は、ホームページを見たとお伝えください!
お電話からのお問い合わせ

お電話時に「ホームページを見た」とお伝えください。商品名をお知らせいただくとスムーズです。

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは365日24時間受け付けています。ご回答はメールまたはお電話でお返事させていただきます。