包丁の捨て方 | 包丁の基礎知識

使い終わった包丁の処分はどのようにしたらいいですか?

 

市町村にお問い合わせ下さい

まずはお住まいの市町村のごみ収集についてホームページなどで確認をしてみてください。

大阪の堺市の場合、包丁やナイフなどの鋭利な刃物は(包丁以外ハサミ・フライパン・鍋・やかん等も)、資源ゴミとして出すことになています。不燃ごみは収集車で環境センターに集められた後、人の手により袋を破って選別される可能性が高いです。

作業員の安全のため、必ず個別の袋に入れて「危険物」と書いて、刃の部分に新聞紙や布を巻いてから出していただくようお願いします。

当店に送って頂ければ包丁供養させて頂きます

当店には包丁を供養する供養塔がございます。

職人が魂を入れて作った包丁を今までの感謝と供養を込めてお祓いをさせて頂いております。私たちの「食べる」という行為は、生き物の命を頂いて自分の命を養っています。その道具として包丁は使うので、生き物への感謝を込めて供養しています。

是非、お持ちの包丁も送って頂ければ一緒に供養させていただきます。

職人の包丁への想い

当店の扱っている包丁は作るのに大変時間が掛かります。そして使用できる期間も10年以上ととても長く使うことができます。

当店では包丁を作った職人への感謝、長く使っていただいた皆さまへの感謝を込めて最後に供養をしてリサイクルさせて頂きたいと想っています。道具を大切にするという日本人の心を大切にしていきます。

 

包丁の研ぎ方 出刃包丁 刺身包丁 鎌薄刃包丁 薄刃包丁 牛刀 ペティ 筋引 三徳包丁 菜切包丁
實光刃物(じっこうはもの)
カスタマーセンター
受付時間
9:00~18:00
(土曜は16:00まで)
日・祝、および当社休業日
は除く
お問い合わせの際は、ホームページを見たとお伝えください!
お電話からのお問い合わせ
TEL.072-229-2244

お電話時に「ホームページを見た」とお伝えください。商品名をお知らせいただくとスムーズです。

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは365日24時間受け付けています。ご回答はメールまたはお電話でお返事させていただきます。