青鋼は包丁の材質に使われる鋼の種類です。その特徴は?

青鋼は包丁の材質に使われる鋼の種類です。その特徴は?

青鋼は堺打刃物で使われる高級な鋼の一つで、その中でも一番いい材質になります。
日立金属で作られる鋼の種類で、価格と性能の順番は

1.青鋼 [青紙](あおはがね)
2.白鋼 [白紙](しろはがね)
3.黄鋼 [黄紙](きがみ)

の順番になります。青鋼とよんだり青紙(あおがみ)と鋼を紙と呼ぶ場合もあります。これは昔、日立金属で製造した鋼を区別する時に青い紙、白い紙、黄色い紙を貼って目印にしていたからと言われています。なので、色自体に意味はありません。

青鋼のその特徴は、切れ味とその持続性です。寿司屋の板前は一日何時間も刺身等を切っていますが、途中で切れ味が悪くなると道具としては使い物になりません。そのまま使い続けていると最初に切った刺身と、最後に切った刺身では刺身の表面のテカリが違います。ですが、青鋼は最後まで思い通りの切れ味が持続できるのが最大の特徴になります。

青鋼一号、青鋼二号って何?

鋼の種類で一号、二号と言われることがあります。これは炭素の含まれる量などハガネに含まれている成分が違います。炭素は1号、2号の順番で多いです。炭素が多く含まれるほど、材質が硬く切れ味が持続しますが、その反面欠けやすくもなります。

青鋼の場合は青鋼一号が青鋼の中でも最高峰といわれていて切れ味、持続性はすごく優れていますが、硬いので扱うのが難しいです。(研ぎ直しなどが難しいので、研ぎが熟練者でないと扱いきれません。)

包丁に適しているのは青鋼二号になるので、当社もほとんど高級刃物のシリーズには青鋼二号を使用しています。切れ味が良く、持続性があり、研ぎやすいとなれば、包丁には青鋼二号が最適です。(当社のシリーズで言えば紋鍛[もんたん]です。)

といっても、青鋼一号の包丁も扱っていますのでご入用の際はお問い合わせください。

鋼名 炭素
(C)
ケイ素
(Si)
マンガン
(Mn)
リン
(P)
硫黄
(S)
クロム
(Cr)
タングステン
(W)
青鋼1号 1.25~1.35 0.1~0.2 0.2~0.3 0.025以下 0.004以下 0.3~0.5 1.5~2.0
青鋼2号 1.05~1.15 0.0~0.2 0.2~0.3 0.025以下 0.004以下 0.2~0.5 1.0~1.5

よく聞かれるのが青鋼と白鋼の違いについて!です。

当店は料理人には白鋼二号以上のハガネをお勧めしています。白鋼二号は青鋼と比べると価格も安く、研ぎやすいです。(青鋼と比べると研ぎやすいだけで、青鋼が研ぎにくいわけではりません。)切れ味の持続性もあります。

予算に合わせて選んでいただければ良いと思いますが、少し余裕がある方はやはり持続性を考えると青鋼をお勧めします。持続性では青鋼には勝てません。なので、一日に大量の刺身を調理する方の刺身包丁は青鋼二号が適しています。

出刃・薄刃包丁などは、白鋼でも満足していただけると思いますので、包丁によって使い分けても良いと思います。

安い包丁にはご注意を!

堺の包丁は職人が一本ずつ作っていますので、製造する各鍛治職人・研ぎ職人によって大きく価格は変わってきます。同じ鋼でも職人によって価格は大きく変わります。
ですので、青鋼だからというだけで安価な物を購入すると包丁としては大変扱いにくいものを購入する恐れがあります。その点、当店の職人は普通の刃物屋よりも工程を増やし、最終必ず満足して頂けるレベルまで持っていきます。ご来店いただきましたら1本ずつ手にとって見ていただくことも可能です。包丁を買われる場合は、材質選びも大切ですが、信頼できるお店を探すことのほうがもっと大切です。

この記事へのお問合せ

当店にお聞きしたい事がありましたら下記までお問合せ下さい。
私たちはお客様が楽しい事、幸せになれる事をお手伝いしていきたいと思っていますので、ご意見・ご感想など頂けるととても嬉しいです。

問合せ番号:072-229-2244   email:info@jikko.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です