メバルの煮付け

メバルの煮付け

春先が旬のメバルで家庭でおいしい絶品煮付け

食材
【1人前】
・メバル(1尾)・人参(1/8)
・水・酒・砂糖・味醂・濃い口醤油

メバルの煮付け 食材

作り方

メバルを下処理する

鱗取りでメバルの鱗をとり、そのあと包丁で鱗が取れてない部分を取り除く。
腹を切り内臓を取り出す。隠し包丁かつぼ抜きでも良い。
血合いを歯ブラシなどで洗う。
水を沸かし、さし水をして少し温度を落としてメバルにかけて霜振りする。

 


【レシピポイント】
隠し包丁やつぼ抜きで内臓を取ることで煮崩れしにくく、きれいに仕上げやすい。
皮に切れ目をいれると皮を破ることなくできる。

メバルの煮付け メバルを下処理する

桜人参をきる

人参を1cmくらいの輪切りにして、五角形に切る。 側面の真ん中にV字に切込みを入れる。 花びらの形のなるように角を落としていく。 花びらの先端にV字ぬ切込みを入れ、スライスする。

メバルの煮付け 桜人参をきる

煮る

メバルが丸ごと入る大きさの浅い鍋にメバルと水、酒、砂糖をひたひた(魚の表面がぎりぎりでるくらい)入れ、落し蓋をして火をつける。
沸騰して少したったら味醂を入れ、醤油は何回かに分けて少しずつ入れる。
煮汁が減ってきて落し蓋が浮かなくなったらはずす。
桜人参を入れる。
表面に照りを出すために煮汁を頻繁にかけながら煮ていく。
煮汁が少なくなったら火を止める。

 


【レシピポイント】
落し蓋がコトコト踊るくらいの火加減にする。

メバルの煮付け 煮る

盛り付ける

崩れやすいので器に盛り付けるときは菜箸と木ベラで慎重に盛り付ける。
桜人参も盛り付けてて完成。

 


【レシピポイント】
崩れやすいので何回も触らないようにする。

メバルの煮付け 盛り付ける

料理人のポイント

煮付けは長時間煮ると水分が抜けておいしくなくなってしまうので10分くらいで煮付けれるようにする。

メバルの煮付け 料理人のアドバイス

 

メバルの煮付けの完成

この料理にお勧め包丁

出刃包丁

 おすすめ 出刃包丁

メバルの下処理をするときは五寸くらいの出刃包丁だとやりやすいのでおすすめです。

むき物

 おすすめ むき物

桜人参をするときは小さくて刃の厚さが薄いむき物包丁だと、細かい作業がしやすく正確に切れるためおすすめです。

 

包丁の研ぎ方 出刃包丁 刺身包丁 鎌薄刃包丁 薄刃包丁 牛刀 ペティ 筋引 三徳包丁 菜切包丁
實光刃物(じっこうはもの)
カスタマーセンター
受付時間
9:00~18:00
(土曜は16:00まで)
日・祝、および当社休業日
は除く
お問い合わせの際は、ホームページを見たとお伝えください!
お電話からのお問い合わせ
TEL.072-229-2244

お電話時に「ホームページを見た」とお伝えください。商品名をお知らせいただくとスムーズです。

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは365日24時間受け付けています。ご回答はメールまたはお電話でお返事させていただきます。