包丁の研ぎ方

どのような包丁を研ぐのかを選んでください。

包丁が和包丁の片刃包丁なのか、洋包丁などの両刃包丁なのかによって研ぎ方や研ぎ方のポイント、コツは変わってきます。また刃が大きく欠けたや、包丁の切っ先(刃の先端)が欠けたなどどのように修理するのかを具体的に説明いたします。包丁の状態に合わせて下記から選んでください。

 

片刃包丁

片刃包丁

和包丁など片面のみに刃が付いている包丁を研ぐ時の研ぎ方です。堺包丁はこの片刃が多いのが特徴です。最も切れる状態にする方法をご紹介いたします。

片刃包丁の研ぎ方はこちらです。



両刃包丁

両刃包丁

一般的に多いのは両刃包丁かと思います。包丁を見て頂くと左右対称に刃が付いている包丁です。牛刀、ペティや家庭用の三徳は両刃包丁になります。

両刃包丁の研ぎ方を参考にし下さい。



柳刃包丁の研ぎ方(料理人向け)

刺身包丁(柳刃包丁)の研ぎ

料理人が一番研ぐ柳刃包丁の研ぎ方を詳しく説明しています。料理人はこれくらいしっかりと研いでほしいと思います。

柳刃包丁の研ぎ方を参考にし下さい。



お勧めの砥石


 

包丁の研ぎ方 出刃包丁 刺身包丁 鎌薄刃包丁 薄刃包丁 牛刀 ペティ 筋引 三徳包丁 菜切包丁
實光刃物(じっこうはもの)
カスタマーセンター
受付時間
9:00~18:00
(土曜は16:00まで)
日・祝、および当社休業日
は除く
お問い合わせの際は、ホームページを見たとお伝えください!
お電話からのお問い合わせ
TEL.072-229-2244

お電話時に「ホームページを見た」とお伝えください。商品名をお知らせいただくとスムーズです。

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは365日24時間受け付けています。ご回答はメールまたはお電話でお返事させていただきます。