2024.03.21
新商品販売 SG2の片刃包丁
2024.01.06
新店の錦寺町店1/7にオープン

必読!購入前ガイド

包丁は料理において重要なツールであり、価格だけでなく鋼材やデザインなどの要素も考慮する価値があります。見た目だけでは包丁の性能や切れ味はわからないため、購入前に包丁に関する基本的な知識を身につけることが重要です。

鋼材は包丁の切れ味や耐久性に影響を与える要素であり、デザインは使いやすさや手に馴染むかどうかに関わります。包丁の選択は個人の好みや料理スタイルによっても異なるため、自分に合った包丁を見つけるためには慎重な検討が必要です。

この機会に包丁について学び、自分のニーズに合った高品質で使いやすい包丁を選ぶことで、料理の楽しみがさらに広がるでしょう。

包丁を選ぶ前に
次の5つを決めましょう

あなたに合った包丁を選ぶために以下の5つをご確認ください。

  1. 包丁の種類(出刃・刺身・三徳など)
  2. 刃の鋼材(青鋼・白鋼・ステンレスなど)
  3. 刃渡りサイズ(包丁の大きさ)
  4. 包丁のデザイン
  5. 価格と価値のコストパフォーマンス

途中で気に入った商品が見つかりましたら、商品選びに進んでも大丈夫です。Step1〜Step5までをご覧いただきましたら、包丁の基礎知識について全部学べるようになっています。

包丁を購入する前の注意点

安価な包丁を買うと失敗する?

安価な包丁を購入すると、その包丁の鋼材が低品質である可能性があります。低品質の鋼材は切れ味が長続きせず、結果として料理の作業効率が低下します。切れ味が悪くなると料理が難しくなりますので、仕事のパフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性があります。そのため、料理をスムーズに行うためには少し高価でも品質の良い鋼材の包丁を選ぶことが重要です。

包丁はどこで買っても同じ?

包丁はホームセンターやネット販売など、どこで買っても同じとは言えません。

販売場所によって品質やサポートが異なります。實光刃物の特長は、包丁を製造していることです。これにより、製品に関する専門的な知識やサポートが得られます。鋼材やハンドルに関する質問やメンテナンス、包丁研ぎなど、包丁に関するあらゆる疑問に対応できます。

また、製品に不具合が生じた場合でも修理が可能です。包丁は長期間使う道具であり、製造元が製品の品質とサポートを提供できるかどうかが重要です。包丁を製造するメーカーである實光刃物から購入することで、長い付き合いができる信頼性の高い商品を手に入れることができます。

では、包丁選びを始めましょう!

ここからは、包丁を選ぶ際のステップを見ていきましょう。STEPに従って、鋼材やサイズ、デザインなどを考慮していくことで、あなたにぴったりの包丁を見つけることができます。それでは、Step1から順に進み、あなたにぴったりの包丁選びができます。

Step1:包丁の種類へ

現在登録されている商品はありません。
Back to Top