洋包丁の選び方

洋包丁の選び方を解説いたします。

洋包丁特集ページにご来店いただきありがとうございます。
實光刃物の四代目 ジッコウ店長です。

洋包丁は切る食材によって選ぶ包丁が変わってきます。一般的にはどの料理人も牛刀を1本使い、そして、それ以外は食材によって包丁を使い分けています。 例えば、肉の筋を切るのであれば筋引、骨の周りの肉を切るのであれば骨スキといった感じです。

まずは切る食材を決めてから包丁の種類を選んで下さい。

包丁の選び方を職人と「見習い料理人」の会話で解説していますので、 是非参考にしてください。

 

職人が洋包丁の選び方をお伝えします

洋包丁の選び方を教えてください。
包丁の選び方で大切なのは、4つあります。
1)包丁の種類
2)刃の材質
3)包丁のサイズ
4)柄の材質
基本的にはこの4つを順番通りに選べば欲しい包丁が見つかります。
分かりました。 「1)包丁の種類」については、今回私は牛刀包丁を購入したいと考えています。
鋼の材質の違いがよくわかっていませんので教えてください。
まず、牛刀包丁と決めたのであれば次は材質です。では、今回は牛刀について説明しますね。
※食材を決めて下記からご希望の包丁をお選び下さい。
自分にあった包丁を選びたいと思うので、鋼の違いを詳しく教えてください。
かしこまりました。お客様にピッタリの1本を送らせて頂きますので楽しみにお待ちください。それでは牛刀をクリックしてください。

洋包丁の中でよく使われるタイプの包丁


 

 

包丁の研ぎ方 出刃包丁 刺身包丁 鎌薄刃包丁 薄刃包丁 牛刀 ペティ 筋引 三徳包丁 菜切包丁
實光刃物(じっこうはもの)
カスタマーセンター
受付時間
9:00~18:00
(土曜は16:00まで)
日・祝、および当社休業日
は除く
お問い合わせの際は、ホームページを見たとお伝えください!
お電話からのお問い合わせ
TEL.072-229-2244

お電話時に「ホームページを見た」とお伝えください。商品名をお知らせいただくとスムーズです。

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは365日24時間受け付けています。ご回答はメールまたはお電話でお返事させていただきます。