目次

包丁をサビにくくする方法

和包丁は切れ味が良いけどお手入れが難しい・・・
サビないようにするためにはどうしたらいいの・・・

こういった悩みにありますよね?
今回はこういった悩みについて回答していきます。

今回記事を書いたのは有名旅館で料理人でもあった堺實光の研ぎ職人のリョータです。

それでは解説して行きます。

必要な物

包丁をサビにくくするのに特別な道具は必要ありません。どこにでもあるようなモノで対策が可能です。

・乾いたタオル
・ティッシュペーパー
・刃物油(なければサラダ油)
・熱湯

手順

ちょっとした一手間で包丁をサビにくくします。

一手間で包丁がサビにくくなります

包丁を使った後に下記の手順で包丁をお手入れして下さい。

✓包丁の保管方法

1.ご使用後、包丁を水洗いします。
2.熱湯をかけて包丁の表面を乾かしティシュなどで拭き取ります。
3.刃物油(サラダ油でも可能)を付けて表面に残った油をティシュなどで拭き取ります。
4.包丁を保管庫に入れてください。

※包丁は乾燥室には入れないことをオススメします。
※毎日使うようであればサラダ油は無くても大丈夫です。

この一手間で、包丁はほとんどサビにくくなります。
ポイントは水気をしっかりと拭き取り、熱湯をかけるです。

動画を見る

動画でも手順を確認して下さい