包丁の情報

包丁を自分で鏡面仕上げできるのか?

鏡面仕上げ

 

料理人から自分で鏡面仕上げは出来ますか?という質問を良くいただきます。実際には實光刃物で行う鏡面のように鏡上にすることは難しいですが手作業でもある程度鏡面にすることは可能です。

今回はホームセンターで揃う道具を使ってできるそのノウハウを公開いたします。

ですが、包丁の種類にもよりますが片面だけでも時間にして約2時間掛かるのでそれを覚悟して今からご紹介する記事を読んでください。2時間後あなたも鏡面された包丁を手にすることが可能です。

包丁の鏡面仕上げに必要な道具

・耐水ペーパー(#400・・・#2000)
・消しゴムetc..(耐水ペーパーを固定するため)

・白棒、青棒※ホームセンターで購入できます
・布(白棒、青棒を擦りつけるため)

今回は鎌薄刃包丁を鏡面仕上げにしてみます

鏡面は平の部分をやります。
今回は切刃に当てたくないのでテープを貼ります。準備として包丁が動かないようにしっかりと固定します。布巾や滑り止めシートなどを使うと良いです。

それでは磨いていきます。

耐水ペーパーで磨く際、消しゴムのようなもので固定することにより、均一に磨くことができます。擦り方は必ず一定方向に、下から上まで大きく動かします。少しでも斜めにずれたり、こまめに動かすと目立つ傷が入ります。

鏡面仕上げのやり方

まずは耐水ペーパーの#400から磨いていきます。ここの作業が一番大事です!この作業を一番長くしてください!この下段階でしっかり磨いていないと、後から目立った傷が浮き出てきます。すべての目を#400の目にしてから次の段階へいってください。
そして、

#600

#1000

#1500

#2000

この時点でこのようにかなり鏡面になっていないといけません。

それでは白棒、青棒の作業に入ります。
用途として
白棒は研磨力があるため表面の細かい傷をならし、光沢を与えます。青棒はさらにピカピカに光らせてくれます。布に白棒を擦りつけ包丁を磨いていきます。約15分

かなり光ってきました。

最後に仕上げの青棒で磨きます。約15分

鏡面仕上げの完成です!

 

鏡面部分に写り込ました實光のロゴマークを見て下さい。綺麗に写り込んでいます。何もしていない時の違いを見て下さい。2時間かければ自分でも鏡面仕上げが出来ます!自分でも鏡面仕上げが出来ます!

 

 

柄の付け根の部分はどうしても磨けないので、多少濁ってしまいます。

包丁を鏡面にすることで見た目のきれいさはもちろん、包丁を丁寧に扱おうとする意識が高まり、包丁の寿命にも影響してきます。

實光刃物の鏡面と手作業の鏡面、この写真では仕上がりにそこまで違いはありませんが、いろんな角度から見たときに違いが分かります。そこはやはり全然違います。下地の残り具合や包丁を持った時の綺麗さなどはやはり職人技です。

 

 

画像で違いを見せるのは難しいですが、アップにした時に包丁に反射したロゴマークの移り具合に大きな違いが分かります。

 

 

完全な鏡上の包丁を手にとってご覧になりたい方は是非、實光刃物へお越しください!とても珍しい全面鏡面の包丁もございます。職人技は見ているだけでも楽しいですし、料理への意識も変わってきます。ぜひ、實光の包丁で料理を楽しんで下さい!

この記事をご覧になって、やってみたという方がいればその報告もお待ちしてます!

関連記事