包丁トップ > 洋包丁 > 骨スキ包丁 角

プロ用アゴがあるタイプの骨スキ 角型包丁

骨から肉を切り剥がす包丁

形状が角型(東型)のアゴがあるタイプ

骨スキの用途は骨からお肉を切り剥がすために使う包丁です。牛刀などの包丁よりも厚みがあり刃こぼれしにくい作りになっています。骨スキの種類はアゴがある角型とアゴが無い丸型の2種類にあります。よく出ているのは骨スキ 角型の東型タイプになります。

でも、骨スキ 角型を買う時こんな悩みありませんか?

  • 切れ味が良い骨スキ包丁が無い・・・
  • 種類が多くてどれを選んだらいいのか・・・
  • 切れ味がすぐに落ちて作業に時間が掛かる・・・
實光の骨スキ 角型なら、そのお悩み解決します!
  • 刃付けによって切れ味抜群の骨スキを準備
  • 当店があなたにピッタリの骨スキをお選びします
  • 切れ味が持続する刃付け・材質を提案します

こんな気持ちにさせてみせます!

お肉を解体するのに必要な包丁です。作業が楽にできるためにはこの包丁があれば刃こぼれの心配も少なく作業が出来ます。少しでもスムーズにできる骨スキ包丁を提案させて頂きます!

骨スキ 角型の選び方
包丁の価格差は「刃の材質」の違い!

刃の材質の違いで切れ味や切れ味の持続性が大きく変わります。良い包丁の条件は切れ味が良く、その切れ味がいつまでも続くことです。包丁の材質は、「ハガネ」と「ステンレス」があります。

ハガネ
「サビる」けど切れ味を優先したい方
一般的に和包丁は「ハガネ」を選ぶ方が多いです。ハガネは手入れが必要ですが、切れ味が良いのはハガネの材質です。
ステンレス
「サビにくく」使いやすさを優先したい方
「ステンレス」はサビに強く使いやすい材質です。
近年はハガネにも負けない切れ味のステンレスの材質もあります。
初めて骨スキ 角型を購入される方へ

はじめて骨スキ 角型を購入される方からよく聞かれる質問をいくつかまとめました。

ステンと切れ味重視、どっちが良いのかな?
刃物職人としてはハガネがお勧めですが、洋出刃包丁はステンレス系がよく出ています。材質を高級素材の銀三やVG10を使えば切れ味と持続性も優れていますのでお勧めです。
どのランクが良いのか分からない??
包丁は一度購入すると5年以上使われると思いますので、ご予算もあるかと思いますがワンランク上をお勧めです。

切れ味重視ハガネの包丁

ハガネの材質はすごくよく切れて今までに味わった事の無いような切れ味を体感できます!ですが、その反面メンテナンスをしっかりしないと錆びてしまいますと言ってもメンテナンスは簡単ですので、切れ味を重視される方はハガネをお勧めしています!

骨スキ 角型日本鋼 (にほんこう)

日本鋼(にほんこう)

切れ味
11,500円〜
ハガネの中で一番人気のシリーズ!よく使われるサビる牛刀です
骨スキ 角型別作 (べっさく)

別作(べっさく)

切れ味
7,000円〜
お肉屋さんから絶対的な信頼!肉への食い込みが◎

手入れ簡単ステンレスの包丁

ほとんどのご家庭がステンレスをご使用されているかと思います。近年ではステンレスでも高級素材が多く、ハガネに負けないくらいの切れ味もあります。普段使いで、使いやすい方が良いわという方はこちらのステンレスの材質がお勧めです。

骨スキ 角型 プレミアムマスター

プレミアムマスター

切れ味
20,300円〜
高級素材の銀三鋼を使用!切れ味と錆びにくさを持った最高の牛刀です
骨スキ 角型 INOX (いのっくす)

INOX(いのっくす)

切れ味
15,000円〜
当店一番人気の牛刀!迷った方はこのシリーズがお勧め
骨スキ 角型 STD 抗菌PC (スタンダード)

STD 抗菌PC(スタンダード)

切れ味
11,700円〜
ハンドルが樹脂で衛生的なタイプ!
骨スキ 角型 モナカ

モナカ

切れ味
12,500円〜
オールステンレスで使いやすい!ハンドルもステンで衛生的

骨スキ 角型一覧

当店が扱っている骨スキ 角型の材質の一覧です。
こちらからも選んでいただけます。