和食 料理長

プロ向け包丁の最高峰

プロ向け包丁の最高峰

「いつかは本焼」

料理長クラスの方へ、實光は本焼包丁をおすすめしています。

料理人であれば「いつかは本焼の包丁で調理したい」と思ったことがあるのではないでしょうか。本焼包丁は切れ味の持続性に大変優れています。品質はもちろん、見ているだけでも美しい包丁です。私たちは料理人として長年の経験を積んできた方に、最高峰の包丁が実現する上質な切れ味をぜひ堪能いただきたいと考えています。

本焼の研ぎ直し

本焼を購入する際によく聞かれるのが研ぎ直しについてです。
包丁全体が硬く、研ぐのが難しいのでは?と思われる方も多いようですが、

「研ぎ方」自体は合わせ包丁と同じです。

しっかりとした研ぎの技術と時間は必要ですが、長年料理の経験を積み、ご自身の研ぎにも自信がある料理長クラスの方であれば、ご自身で研ぎ直しすることも可能です。

もちろん、研ぎ直しを實光にお任せいただくこともできます。10年、20年、その先と切れ味の良い状態で包丁を使い続けていただくために、實光の研ぎ職人がしっかりと研ぎ直しやメンテナンスを行います。包丁購入後のお困りごとも、ぜひ實光へご相談ください。

料理長におすすめの包丁

本焼青二シリーズ

青紙2号の鋼材を使用した本焼包丁です。

本焼の中で切れ味・持続性のバランスが取れています。本焼の中で最も人気のあるシリーズで、料理長クラスの方が持つ本焼包丁としておすすめです。

  • 本焼青二 刺身
    本焼青二 刺身
  • 本焼青二 鎌薄刃
    本焼青二 鎌薄刃

おすすめポイント

  • 憧れの本焼
  • 切れ味が持続するから作業効率が落ちない
  • 切れ味とその持続性を両立
  • 黒檀八角ハンドルは丈夫で握りやすい

本焼白波浮・本焼白富士山

白紙3号の鋼材を使用した本焼包丁です。

本焼の中で最も研ぎやすく、波紋が一番きれいに出る鋼材です。対面カウンターでお客様に見られる方に選ばれています。

  • 本焼白波浮 刺身先丸
    本焼白波浮 刺身先丸
  • 本焼白富士山 牛刀
    本焼白富士山 牛刀

おすすめポイント

  • 波紋がきれいに浮き出て見た目がきれい
  • 対面カウンターでお客様の目を引く
  • 本焼の中では研ぎやすい
現在登録されている商品はありません。